脱毛でよく失敗すること

よくある脱毛の勘違い

光脱毛は医療脱毛よりも安い?

つるつるになるまでに費やすトータル費用がもし、本当に光脱毛のほうがやすいのであれば、レーザー脱毛なんて必要ありません。

 

レーザー脱毛のマシンはやっぱり高いのですから、医療機関だって、光脱毛機を採用するでしょう。

 

脱毛サロンとの差別化で、医療機関でだけしかレーザー脱毛機が使えないという点も確かにありますが、

 

肌の奥まで届き、毛根を破壊できる可能性はやはりレーザー脱毛機であり、光脱毛機ではないのです。

 

もし光脱毛機でも同様の効果があるとすれば、サロンで光脱毛を使えないよう医療団体が、厚生省などに働きかけることになるでしょう。

 

昔は、レーザー脱毛機もエステで使われていましたが、永久脱毛治療は医療行為だから、レーザーはサロンでは扱えなとなりましたから。

 

結局、光脱毛は、一時的な除毛効果しかなく、終わらない脱毛が続くのです。

 

これを受け入れて、定期的に脱毛していくというのも間違いではないと思います。

 

ただ、トータル費用で考えれば、当然光脱毛も、医療脱毛でかかる費用とトータルではさして変わらなくなる可能性が高いという事を知っておくべきです。

 

もちろん一度にたくさんの支払いはできないので、期間の利益として、長く分散させて支払うと考えれば、脱毛の始めやすさという点では、脱毛サロンの光脱毛でしょう。

 

けしてそれを否定するものではありませんので、分かっいて選択するのであれば何の問題もありません。

 

ただしくら安いキャンペーンを最初は利用できたとしても、完全に満足できるのまでの、時間や料金を考えたら、そんなに得ではない可能性も大きいのです。

 

これはもちろんその人によって違ってくるので、結果として出てくるまでは分からないところではあります。

 

ただし、ただ安いからという勘違いで盲目的に光脱毛を選択する前に、医療レーザー脱毛も、比較してから検討すべきだと考えます。

 

医療脱毛も医療ローンで分割すれば、月々の支払いは抑えられます。

 

そして少なくとも光脱毛よりは、脱毛後の維持できる期間は長くなるという点も、考慮に入れて、脱毛する場所を選んで欲しいと思います。

医療脱毛なら絶対というわけではない

医療脱毛の方が脱毛の維持力が高いという点で、前述しましたが、医療脱毛であっても万能ではありません。

 

絶対生えて来ないとは限りませんから、何の保証もありません。

 

まず数十年後の結果は統計として取られて発表されているわけではないのです。

 

たとえ毛根を完全に破壊したとしても、人の毛というのは、防御昨日によって生えてきますので、それまでなかった場所に毛穴ができて、生えてくる事もあるからです。

 

また、医療機関のレーザー脱毛ならば、どこでやっても同じように満足できるというわけではありません

 

脱毛機の進化は早く、最新のマシーンを利用するか否かで、その結果はかなり違ってきてしまいます。

 

脱毛専門で実績の多い医療機関のほうが、部位に合わせた最新のマシーンを使っていたり、照射のノウハウも持っています。

 

いい加減なところで、レーザー脱毛をすると、やけどやケロイド跡、しみや黒ずみになってしまうという被害もたくさん報告されています。

 

医療機関の脱毛は、光脱毛のように全国展開して、統一の方法で行っているというところはまれですから、どこに住んでいても、同じような料金で同じような質のサービスを受けることは難しいのです。

 

また、実は経営の主体がエステサロンで、医療機関を名乗れば、料金の高い契約がとれると考えて、借りてきてネコみたいな医師をたてて、美容施術をしているというところもあります。

 

医療脱毛だからと言って、それだけで安心してはいけないのです。

page top